個人のゲーム制作で、5本のゲームをリリースし続けたモチベーション維持方法

ゲーム制作で大切な考え方
かがや
かがや

こんにちは、オリジナルゲーム制作アカデミー主催のかがやです。

個人開発者向けにゲーム開発に約立つ情報の提供、開発サポートをしています。詳しいプロフィールはこちら

 

 

ゲーム制作を始めた当初は

完成するゲームを思い描きながら、

モチベーションもMAXな状態ですが、

途中でいろいろな壁にぶつかっているうちに

 

かがや
かがや

やろうと思ってるけれど、時間がないし・・・仕方ないか

(モヤモヤ~)

 

となってしまう。

 

こんな場合は、

 

  • 夢を持ち続ける環境づくり
  • 自分なりのリフレッシュ方法

 

を考えてみることをおすすめします。

 

ちなみに自分でいうのも何ですが、

私はモチベーション維持、つまり

「目標に向かって一つのことをやり続ける力」には

かなり自信があります笑

 

周りからも

「かがやさんの一つのことをやり続ける力ってすごいよね」

と言われることが多かったりもするので、

私の一つのことをやり続ける力は

他の方にもなにか参考になることもあるのでは?

と思い、今回こちらの記事を書いてみました。

 

ぶたまんさん
ぶたまんさん

いつも一つのことを続けて出来ないんだよね~

なんだかやる気も出ないし

 

となってしまいがちな方は、読んで頂ければと思います。

 

夢を持ち続ける環境づくり

夢を持ち続けられる環境づくりで、

私のおすすめのやり方は

「夢(目標)を目に触れる場所に書いておく」

ということです。

 

私の場合はこの

 

7つの週間手帳

 

「7つの習慣手帳」というものを使っているのですが、

毎日、自分の目標を見ているので、

熱い気持ちで目標を持ち続けられています!

 

この手帳では

 

7つの週間手帳の内容

 

のように、毎週、1週間コンパスを作り、達成したい目標を書き出し、

7つの週間手帳の内容

 

その上でそれを実現するために必要なタスクを

スケジュール帳に落とし込んでいく感じですが、

毎日「達成したい目標」を目にしているので

 

かがや
かがや

よし、やるぞ~!

 

と気持ちを高めることができます。

 

ぶたまんさん
ぶたまんさん

かがやの実際の手帳内容は載せないまんか?

かがや
かがや

載せようかなとも思ったんだけど、

ちょっとリアルな数字もあったりするので、

ここでは伏せて頂いてます

 

あとは手帳でなくても、

自分の部屋の壁などに

「大丈夫、あなたなら必ずゲームは完成する」

と自分自身を応援するように目標を書いて貼ってみるのも

おすすめです。

 

とにかく

「目に触れる場所に、目的(ゲーム完成)ということを書いておく」

ことが大事だと考えています。

 

頭の中で思い浮かべているよりも、

実際に書き出すことで大きな効果がありますので

ぜひ試してみてください。

 

自分なりのリフレッシュ方法

「夢を持ち続ける環境づくり」では

「私が気持ちを高めるために何をしていたか?」を説明しましたが、

こちらでは逆に

気持ちをほっとゆるめる方法」をお伝えします。

 

「気持ちが高まっている」

というと、よい状態のように聞こえますが、

ずっと続けているのは疲れてしまいますし

常にテンションMAXな状態を保ち続けるのは、ほぼ不可能です^^;

 

気持ちを高い状態に持っていくためには

逆に緩めることもとても大切です。

 

さて、リフレッシュ方法は

人によって本当に様々だと思いますが、

私がリフレッシュ方法で意識していたことは

ゲーム制作とは真逆のことをする

ということです。

 

ゲームが大好きなので、

もちろんゲームをがーっとやったりもしますが、

私の場合、とにかく目の疲れが酷かったので、

敢えてデジタル的なこととは離れるようにしていました^^;

 

主にしていたことをカテゴライズすると

 

  • 体を動かして、血流をよくする
  • 自然と戯れる
  • いっそのこと何もしない(笑)

 

です。

 

次の項目から具体的に例を挙げていきます。

 

体を動かして、血流をよくする

土日は喫茶店でゲーム制作をしていたのですが、

その後必ずバレエのレッスンへ通っていました。

 

ずっとパソコンに向かっていると

どうしても体が凝ってしまいますよね?

 

そんな時、バレエの優雅な音楽を聞きながら、

体を動かすと、とても気持ちがいいのです^^

 

脳の働きをよくするには

体の血流自体もよくした方がよいので

今も体はしっかり動かすようにしています。

 

自然と戯れる

私は出身が長野県なのですが、

まとまった休みが取れそうな時は実家に帰っていました。

(だいたい3ヶ月に1回ぐらいは帰っていたと思います)

 

今は都内に住んでいるのですが、

あまり自然と触れ合える場所もないので

幼少からずっと山、田んぼ、りんごの木に囲まれた場所で

育ってきた私は、自然が恋しくなることがあります(笑)

 

帰って何をするかといえば、

直売所へ出かけて、

採れたて、新鮮な果物や野菜を買いに行ったりしています。

 

地元自慢で恐縮ですが、長野のりんごは本当に絶品なので、

もし長野へ旅行に行かれる機会があって、りんごもお好きな方は

ぜひりんごシーズンの時にりんごを味わってみてください

 

直売所の写真は撮り忘れてしまったのですが

直売所周辺の写真はこちら。

長野(黒姫)直売所周辺

こちらは黒姫高原にある直売所に行った時の写真です。

近くにコスモス園があったので、そちらもまわってきました。

 

こちらは実家から少し離れた場所まで、

のんびり散歩しに行った時に撮った写真。

 

こういった自然の中で

ただ静かに自然のせせらぎを聞いているだけで

気持ちがほっとゆるまって、癒やされます。

 

ちなみに自然と触れ合うとリフレッシュできるのは

自然のせせらぎには「ゆらぎ」があるので、

脳の疲れを取るに、とてもよい方法だそうです。

 

詳しくはこちらの書籍に載っていますので

興味のある方はどうぞ。

すべての疲労は脳が原因

 

いっそのこと何もしない(笑)

逆に何も決めず、ぼーっとする日も作ったりしていました。

 

毎日スケジュールをしっかり立てて生活していたので、

敢えて何も考えず、ぼけーとやってみる

というのも、頭の中が空っぽになっておすすめですよ。

 

上記と被りますが、

いっそのことゲーム制作を一切しない期間を1~2週間設けて

その間、ゲーム制作を一切しなかった時もありました。

 

一旦ゲーム制作から離れてみることで

その時は解決しなかった問題が

あっさりと解決できたりもします。

 

実際にあった例としては、

プログラムを組んでいた時に、

どうしても解消しないエラーが出てしまい

何日も悩んでいたことがあるのですが、

1週間程、ゲーム制作から離れて、また戻ってきてやってみたら

数分で解決したこともあります^^;

 

注意点

リフレッシュする時の注意点ですが、

予めリフレッシュする期間は決めておきましょう。

 

特に「何もせずぼーっとする」は

本当に疲れてしまった時、行き詰ってしまった時などに

おすすめの方法なのですが、

予め期間を決めておかないと、

ゲーム制作に戻ってこれなくなる可能性もあります^^;

 

以上、ここまで私のモチベーション維持方法について

紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

なにか参考になることがあれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました